不動産管理業務とは?

賃貸物件を貸し出す場合「不動産管理業務」が発生する

賃貸物件を貸し出す場合「不動産管理業務」が発生する まず、不動産管理業務とは、賃貸物件の「空部屋の募集」や「家賃の集金・督促」「建物設備メンテナンス・点検」はもちろんのこと、「トラブルがあった際の対応」や、「解約」、「契約締結」などがあげられます。
この不動産管理業務を大家様自身でやるということはなかなか難しいですので、管理会社に一任する大家様が多いです。
賃貸物件は、契約締結をし、継続的に住むことになるため、「管理」が必要なのは当たり前の事と言えます。管理を疎かにすると、自分自身が損をすることに繋がります。
家賃収入に繋がりませんし、長く空部屋になっていると、部屋は傷みやすくなるためです。
継続的に長く、良い人に住んでもらうことが一番ですので、空部屋の募集の仕方や契約締結は特に重要な管理業務になります。
もちろん、長く住んでもらった方が退去する際は、退去時の修繕も必要になります。費用が大きい部分になりますし、今後の入居状況にも繋がるため、あまりお金を掛けなさすぎるのも問題になります。
そういった不安や、心配事を考えるとやはり管理会社に一任することが一番安心です。
管理会社はたくさんの物件を管理しているため、人気の物件の情報やアドバイス、トラブル対応などに対応してくれます。管理会社によって、どのように不動産管理業務を行っているかは違います。
大家様の物件をきちんと見てくれる管理会社だと安心ですし、信用が持てますね。

不動産管理業務とは?

不動産管理業務とは? 他人に不動産を賃貸する場合、貸主にはその不動産を管理する責任がありますが、近年は料金を支払って専門の会社に不動産管理業務を委託するケースが増えています。
不動産管理業務とはどのようなものかというと、これはハード面の管理にあたる「建物管理」と、ソフト面の管理にあたる「入居者管理」の2種類の管理業務の総称ということができます。
建物管理では、普段は清掃やゴミ出しなどで建物の衛生状態の維持に努め、退去者がでた場合は次の入居者があらわれるまでの適当なタイミングで退去した部屋の清掃や補修、改修、原状回復などを行います。
また、ビルやマンションなどにおいては、大規模修繕計画などの老朽化対策を考えるのも大事な業務です。
一方、入居者管理では、日常では貸主に代わって賃料の徴収や賃料滞納者への対応を行い、入居者や周辺住民との間にトラブルが起きたら、貸主に代わって処理を行います。
また、借主の賃貸契約の終了が近づいてきたには、契約更新の意思を確認し、更新する場合には新たな契約を締結する書類を作成します。空室がある場合には、新たな入居者を招き入れるために様々な営業活動を貸主にかわって行います。
不動産管理業務は、委託する範囲が広いほど貸主は高い料金を支払わなければなりません。
多額の出費は賃貸不動産の経営環境を悪化させる要因になるので、熟慮して業務の委託範囲を決めるようにしましょう。

不動産管理に関する情報リンク

不動産管理の様々な問題を解決する総合不動産ソリューション企業のサイト

埼玉 不動産管理